TOEICで何を見るの?

*

日本の企業では社員に求める英語力の目安としてTOEICで、管理職であれば750点以上、少なくても 700点以上は必要とされているようだ。 そもそもTOEICの成績を英語の総合的能力の正しい判断基準と考えていいのだろうかという疑問である。 というのも、TOEICは「話す」「書く」というような能動的な能力の判断ではなく、あくまでも英語の知識を 判定する試験ではないかと思っているからです。 その理由は、TOEICが回答を選択する方式になっているという点にあります。実際に自分で一から文章を書くのと、 既に用意されている答えから正解を選ぶのでは、プロセスが全く違います。書く能力の試験といっても、作文をする能力と いうより、英語で書くための知識を試しているに過ぎないからです。


TOEICと英語学習

TOEICで得点を上げるために問題集を解くというのは無意味である。TOEICは英語の知識よりむしろ運用能力、 日常コミュニケーション能力を測るテストである。いわば英語力そのものを問う試験である。一般的な英語の実力、 受信発信双方のコミュニケーション能力を高めることが、本質的なTOEIC対策であり、 正しいTOEICの使い方だと思います。したがって、特に問題集などで勉強する際には、自分が何を目的に そのTOEIC問題集で勉強するのかを常に認識すべきである。 今使用している教材は、小手先の得点アップ用なのか、英語力を伸ばすのが目的か、それを理解した上で 使い分けるべきである。 高得点層にとっては、英語力を伸ばすための問題集、というものはない。というよりも、 高得点者層対象の教材自体があまりないのです。 おそらく市場が小さいからだと思います。


TOEICと英検の違い

TOEICは、社会人として英語力を測る試験だと考えてください。つまりビジネス英語的な存在です。 ただ英語を話すことが出来ればいいというわけではなく、いかに丁寧に話すことが出来るかが ポイントです。 またTOEICでは、読めるということよりも聞けるということを重視していたほうが点数アップにつながると 思います。 TOEICでは英会話をしっかりとできるのかを試験で見るという感覚なのです。 もちろん、読むこと書くことも大事なので、リスニングだけを勉強していては高い点数を取ることは できません。 英検は、英語の総合的な力を見るための検定だと思います。 基本的な英語力やその応用がしっかりと出来ているのか、日常会話の英会話が出来ているのかを検定で 調べているのです。 アメリカ人の友達がいてその人となんの不自由なく会話が出来て、 手紙のやり取りが出来るぐらいの力をもつ事が出来るのではないかと思います。 ただし、TOEICとは違い社会的な英会話とは少し違いますので、会社で上司と話をする時にスムーズに 会話をする事ができない可能性も否定はできません。